スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変なおばさん注意報

さてさて、今日のミニー皇太后。

まだ歩く

まだ歩いてるように見えますね。でも俄然やる気をなくしましたよ。


昨日の話です。晴れていました。私はスーパーで、ミニーが

食べそうなものをカートにぶんぶん投げ入れていました。

ブルガリアヨーグルト(3%引き)とか、こんがりバニラプリン(同3%引き)、

チーズ蒸しパン(5%引き)とか。あ、私がいつも行くようなスーパーでは、

松阪牛なんて売ってません。残念だわ、あったら買ってあげるのに。

その途中で、見ず知らずの主婦二人が談笑している横を通った時です。

急に「いいわね、きっとあなたの犬は元気なんでしょうね」

と言いだしそうになったのです! こっわ~

全然知らない人ですよ。犬飼ってるかどうかも知りませんよ。


ミニーは私が生まれて初めて飼った犬。だから私は犬に死なれたことがない。

それがどんなものか、全く想像つかなかったのですが、

その時急に、ものすごい喪失感を感じたんですよ。

きっとこんな感じなんだ、という、でかいでかい空洞が見えました。


ミニーはご飯を食べなくなりました。日清ペットフードさんがこのブログに

気づいて提供してくれるはずだったのに(ウソ)、もういらないみたいです

ノンオイルのツナと、ヤマザキのチーズ蒸しパンだけ食べました。

ただ、寝てる時はほんとに穏やかで

ちょいべろで熟睡

気持ちよさそうです


私は大変気丈でけなげな女性ですが、今からこれじゃ本番(本番て!)が来たら

どうなるの? ものすごい変なおばさんになって、道行く人に、

「あなたの犬は幸せですか~?」って聞いて回ったらどうしよう。

近所の動物愛護センターに貼りついて、犬を捨てに来る人を

説教するようになったら・・・・

通りすがりの黒ラブのリードを急に奪って「私のミニーを返して!」

と言い張ったら・・・・え~ん


いいえ、私は気丈でけなげなだけでなく、冷静で知的な女性でもあるのよ。

そんなバカなことするもんですか。

せいぜい通りすがりの黒ラブの後を尾行するくらいよ(十分こわい)


でも不思議ですよ。ミニーが弱ったこの数日、めっきり私の所に

来なくなったモカが

元気付け

今日はこうして更新が終わるのを待っててくれてます。ちょっとかわええ・・・


  だいたい本音を旨としてきたこのブログ。だからちょっと言ってみる。
  ほんとに、ただただ悲しいだけなの?
  やっぱり、かなり介助は大変で、生活もほとんどミニー中心で、
  夜も眠れなくて、娘の面倒も全部は無理で、
  もちろん、それは私がそうしたくてしてるだけなんだけど、
  どっかで解放された達成感みたいなものを感じないのだろうか。
  悲しくて寂しくて、でもちょっとだけホッとする部分はないんだろうか。
  やっぱりそれは、そのときじゃないとわからないかな。

  あーあ、こんな罰当たりなママで、ミニーかわいそうと思うあなたも
  内緒だけど、言ってること、わかると思うあなたもクリックしてちょ。

       にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

  あなたはずいぶん前から変なおばさん、って方はスルーで結構。
  







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ミニーさん、気持ちよさそうに寝てますね。

それにしても、みにもかさん気丈ですねぇ。
それともフリしてるのかな?

わたしは自慢じゃないんですけど、黒らぶ3頭看取ってます。
今4番と5番がいます。4番そろそろ老境に入りつつあります。
で、本音は・・・涙が滝のように流れ続けます。その時が来ると。
3ヶ月は続きました。

でもそれは私の場合なので、それぞれ状況も少しづつ違うから
やっぱりその時になってみないと・・・。

ティッシュペーパー安売りの時に買いだめしといてください。

「その時」のことはいつか必ず来るけどなるべく考えたくないです
道を歩いていて、一緒に散歩したことを思い出して急に泣きだすと思うんですよ
そんなこと考えたら、いつもの散歩コースを通ることどころか
もうどこも外に出れなくなりそうです
それとも一緒に散歩しているつもりで一人でぶつぶつつぶやきながら散歩するかもしれません

何かの病気で苦痛ならいろいろ悩むと思いますが
そうでないなら わたしも寿命の最後まで面倒みたいです
でもわたし これまで大型犬と暮らしたことがありません
みにもかさんのブログのミニー様の世話が唯一の現実です
みにもかさん 頑張ってくださいね
励ましになっているかどうかわからないですが応援する気持ちが伝わるといいな
モカちゃんにはLOVEの念力を断続的にずっと送ります(コワイ)

解放されたという気持ちは
私も正直ありました。
それだけ、わがこに向き合って生きてきたからだと
勝手に判断しています。
寂しさや悲しさはいつも隣り合わせにありますが
それも自然なことですもんね。
今もよく泣いてま~す。

どれだけ自分に心を砕いてくれていたかは
ミニーちゃんが一番よくわかってくれてます。
16年生きてきたミニーちゃんも
きっと達成感を感じることでしょう!
暖かくしてお過ごし下さいね。

「どっかで解放された達成感みたいなものを感じないのだろうか。
  悲しくて寂しくて、でもちょっとだけホッとする部分はないんだろうか」

それが皇太后のもくろみですよ。もくろみどおり!
さみしい、悲しい当たり前なんで ほっとする気持ちや達成感を少しでも残してくれる皇太后は親孝行ですよ。
でもまだミニーはママのそばにいてほしいですよ・・
やばい 泣きそう
まだ おるっちゅーに!!!

今日から、変なおばさん見ても暖かい目で接してあげれそうです。。

ほんとにただただ悲しいだけなの?
以下の文章、よくわかりますよ
おっしゃるとおりですよ、
しんどいとか、いやだ疲れた、とか思うのも、ある意味当然なのでは・・・?
でも、愛しているんだから、その先のことは、考えなくても大丈夫だと思います
やはり、長生きだから、よけいに欲が出る部分もあるし・・・
してあげよう、と思うことを、たっぷりされてるんだから、OKだと思いますよ
それより、何か食べてもらいましょう
食べない理由を(病気?)を探しましょう、と思います
心配ですね

わかります

うちも2週間前までほとんど眠れなかった時
「いつまで続くんだろう?」と思ってしまった
結論ルビーが寝なかった理由が膀胱炎でその対処をすると
その日からがっつり眠れるようになったのです
何かをちゃんと訴えてるんですよねえ でもうちもあの性格のため
狼少年ならぬ 狼犬? 狼婆さんになったわけです
何か変化があると とても悲しく 落ち込みます
しかしへこまないうちのルビ婆さん 私に叱咤激励してるように思えます

きっと何かお気に召さない理由があるのかも
うちも夏に下痢を数回おこし このままフェイドアウトしていくのか?
と恐怖にとらわれました
その後からしっかり消化酵素をプラスしだしたおかげかとっても快調になっています
何か抜け道のあることをお祈りしています

う~ん、みにもかさん、つらそうーだ。
わたしはもー大丈夫ーと思って懐かしい写真見てて突然嗚咽がいまだにきます。でも私なぜかとても逞しいので、「ちゃんと最後看取って上げられて言蔵は幸せだったに違いない!よね~」と考え直して立ち直ってます。そんなことの繰り返し。
ミニモカさんが傍にいてあげてミニー皇太后は幸せであることは間違いないわけで、皇太后の犬生を幸せにしてあげたとミニモカさんが思えることが何よりだと思う。
16歳だよね~。もうミラクルミラクル。もいっちょミラクルでアイスかカステラ食べないかな?

なんか・・・凄く分かる。。。

今はただただミニー皇太后の食欲が復活してくれることのみを心から祈ってます。

おーーーい!美味しい物食わないと損だぞっ!!絶対食わないと損だぞっ!!>ミニーちゃん!


開放感は感じるのではないかな・・・と現在の私自身もそう考えることあります。。。。

と、言うか・・・そう感じられるくらい一生懸命にラブと向きあいたいと思っているというのが正解です。

私、愛犬を見送ったこともあるから・・・ラブはその時の子以上に大きな存在だから、失った時に自分を支える何かが無いと厳しいんぢゃないかって思うんですよ。。。

それが「自分のベストを尽くして頑張った!」と自分で納得できるまで頑張って、万が一の時はソレで自分を励まして生きて行こうとか姑息に考えているんです。

でも、そうでもしないと絶対にヤバイんですよ。。私だって。。。

だから、みにもかさんがヘンタイ行動に走ったとしても私は理解しますよ。
むしろ応援しますから?!




わかりますよ~

みにもかさんの気持ち・・・寂しいけれどどこかホッとしている自分・・・これだけ頑張って看護&介護したって達成感・・・

でもでもやっぱり喪失感です。私もリラが初めて飼ったワンコだったんです。ぽっかり大きな穴があきました。でもやっぱりたくさんの愛情と贈り物をくれたんですよ~ミニーちゃんも同じだと思います。みにもかさんが注いだたくさんの愛情に応えるために頑張ってくれているし、これからもたくさん贈り物してくれますよ!

食欲なくて心配ですね~私もペットフードは諦めて消化の良さそうな人間の食べ物をあげてました~

ミニーちゃん 食べなくなったのね・・・

さくらの その時・・思い出すと 今もね^^;;
あの 最後の頃は 2~3時間しか寝れなかったけど 辛くはなかったなぁ・・・

まだまだ 。。もう少し。。お母さんの側にいてあげてね!!ミニーちゃん。

帰りさぶかったでしょう!!
私は泣きながら自転車こぎました。
思い出したの、ミニモカさんが泣いちゃう場面を聞いて。わたしもあの走り回っていた言蔵が階段上るのためらったり、ボールが転がってもみないふりしたりしていた時。悲しかったけど、泣いたら、「辛いのは私じゃなくて言蔵じゃない!」って思って頑張った。(うそうそ酔っ払って帰って言蔵にへばりついておお泣きしてたよ~)できることをことをしてあげるしかないんだよね。でもそれが一番。言蔵9歳でした。
そして今私はリッキーと楽しく過ごしていますが、次回はやっぱりデカわんと思っていますよ~。


食事するっていうのは、すごくエネルギーのいる行為だそうです。
人も定期的に絶食すると、消化酵素を出す機関をやすめてやれて
いいそうです。
だから、本能的に休めているのかもしれませんよ。。

須崎先生の「栄養スープ」とかどうかな?
昨年、21歳でお☆様になった、「長寿犬日記」のめりちゃんはこれを飲んでたってのをきいて、aliceも導入しようと検討中なんですが。。

http://www.wanderland.jp/eiyou-soup.htm

今までずっと側にいて呼吸や体温を感じていたものがなくなるんだから
直後は「喪失感」というのが一番大きいと思います。
いなくなってしまった・・・という寂しさかな
でも、それはみにもかさんだけが感じるものではなく、みにー姐さんも同じこと感じるはずですよ。
ママと別れるのは寂しいわ、って・・・でもこれでアタシも楽になって自由に動き回れるようになってちょっとほっとしてるのよ、って・・・

でも、今しばらくはまだ、お世話になるわよ、覚悟しなさい、って寝ながらニンマリしてますよ。

体力が参っちゃうと、考えも落ち込みがち・・・みにー姐さんの食欲も気にはなるけど、まずはみにもかさんががっつり食らって~

samsonさま

そんなにたくさんラブを飼っていらっしゃるのですか。すごいなぁ。私もカナダの牧場主ならそうしたい、と思っていましたが。
基本的に私はフリはしません。で、気丈と言うより、現実的なんだと思います。えーと、多分。

leeさま

先日「ちい散歩」で、以前住んでた周辺をやって、ミニーと死ぬほど歩いた公園が出てきました。引っ越して2年半になりますが、やはり前のところとは比べ物になりません。そういう意味で、近所を歩けなくなるってなさそうで、ある意味恵まれてるのかな、なんて思います。

オッターさま

ほんとに、どんな愛犬ライフを送ったかとか、どんな最後だったかとか、飼い主の性格などで、ヒトそれぞれなんでしょうね。それをまた、人がとやかく言うことでもないんでしょうね。多分、かなり長いこと、悲しくて泣けてくるって、私も予想してます。

keronさま

私もミニーはそう思ってるのかな、なんて思ったりします。でも基本、勝手な犬なんで、飼い主のことなんてあんまり考えていない気も。
変なおばさんは、愛犬を亡くしたかわいそうなおばさんかもしれないってことですが、変なおじさんには近づかない方がいいかもしれません。

ハナの母さま

そうですね、ここまできたら先行きを考えてもしかたありません。食べないのがほんとに胸にくるんですよ。食べないラブは見たことありますが、食べないミニーは初めてなので。

DOGLABさま

確かに今までは何か打つ手があったので、今回もそうかもしれません。皮肉なのは、よかれと思ってしてきた手作り食とか温熱レーザー治療が必ずしもミニーのためになってなかったかもしれないってことです。なるべく冷静に観察してあげたいと思います。

おちゃちゃさま

やっぱり初めての犬ではなくても、ラブって特別なんでしょうかね。ミニーなんてほんとに自分勝手な犬だから、特に飼い主に忠実とか、いつも寄り添っていたってわけでもないのに、なんか同志みたいな戦友みたいな気がしちゃうんですよ。モカは圧倒的に保護すべき対象、愛玩犬ですが。なんでだろうなー

るるこさま

でかいからってわけでもないんでしょうけど、大きさによる圧倒的な喪失感ってあるでしょうね。かなり邪魔な大きさですからね。それがなくなるって、穴があいてるとしか思えないです。多分それは、ずっと埋まらないんじゃないかと思います。

ららさま

さくらちゃんのその頃、ららさん、大変そうでしたもん。でも本人は、きっと目の前のことをやるのが精いっぱいで、大変だってあんまり感じないかも。私もうわー!と思うことはありますが、今は、楽になりたいとは思わないです。がんばります。

aliceさま

確かに!人間も時々絶食するほうがいいっていいますね。ミニーなりのデトックス?ただ、スープ、キライなんですよ。老犬で水分を気にしていろんなスープを試しましたが、いやみたい。何しろわがままなヤツですよ。

すーぴーさま

おっしゃる通り、まだ嫌がらせしてやろうともくろんでいるミニーが、私も想像できます。なかなか一筋縄ではいかないと思うんですよ。

ばあやさん

行きたかったところ、セッティングしてくれてありがとう~また行こうね。
ゴンゾウくんは9才だったから、そりゃつらかったと思います。いい子だったしね。で、デカわんですかい。まじっすか。
カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

Author:みにもか
登場犬
モカ:ヨーキー5才、ケンカ上等♂
豆:ラブ7才、ヘタレ♀

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
わんにゃんを買う前に
いつでも里親募集中
ペットショップに行く前に
リンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。